舌にできた口内炎の治し方

口内炎は、口の中のさまざまな場所にできます。食事をするときに、あまり当たらない場所なら普通に生活できても、舌に出来た時は困りますよね。
口内炎の治し方はやはり一般的には、塗り薬を患部に塗る事です。しかし、舌だと薬独特の味が苦手だという人も多いのではないでしょうか。
口内炎は塗り薬タイプが一番早く治ると言われていますが、食事などから栄養補給するという方法が一般的です。もちろん治りは遅くなるから舌に出来た口内炎で悩んでいる人も多いかもしれません。
そういった場合アフタッチという薬がいいでしょう。味もしないですし、夜寝る前に患部に貼るだけという簡単なものです。
何日も我慢することなく、それで口内炎が治るという人はたくさんいます。ただ、貼り方にコツがいるので初めての人は、薬局などでコツを聞いてくる事もおすすめです。
病院に行くと、塗り薬が処方されますが、塗り薬が苦手だと相談すれば貼るタイプのものも処方してくれるはずです。
舌に口内炎に出来そうな予感があったら、早めにビタミン剤などを飲んで予防するというのも大事です。出来てしまったら、病院へ行って適切な治し方で口内炎を早く治したいものですね。
posted by 管理人 at 23:53 | 口内炎の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。